【気づき1522】〔望みは叶わない方が幸せなこともある〕
2016 / 04 / 17 ( Sun )





◆通いたい学校や勤めたい会社があっても、


思い通りにはならないことがあります。



そんなときに、


「決まったところがあなたにとって一番いいところなのだよ」と言われても、


それを受け入れることができるでしょうか。



◆面接をして職員の採用を決める立場の人からすると、


「内部には様々なことが起こっているので、


外から見ても察知できない事情があるのが普通です」


といいます。



そのような事情を考え合わせると、


自分の希望する組織に所属することが幸せなことかどうか分からないこともあるのです。



倒産寸前であっても、


対面上人を募集している会社に就職できても


ラッキーではないことを考えたらおわかりでしょう。



◆自分で目標を定めることは大切です。



その実現に向けて努力を積み重ねていくことも非常に貴重なことです。



そこまで気持ちをいれたのですから、当然結果も気にはなります。



しかし、努力をした後の結果を待つ立場の人にできることは、


冷静に考えてみると結果を待つということだけなのです。



◆人事を尽くして天命を待つ、


という心境は並みの人間にはできないかもしれません。



しかし、自分で望むことが叶わない方ことが自分にとって有利であることも、


この世には起こり得るのです。



        永松 茂久 著

           → 斎藤一人の人を動かす



「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

17:05:12 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき1523】〔伸びる人の条件〕 | ホーム | 【気づき1521】〔転職を考えるときに思い出すべきこと〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/3256-887ec870
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |