【気づき1548】〔価値観の違いが、商売のネタの時代〕
2016 / 05 / 13 ( Fri )





◆「ノンちゃん雲に乗る」は、


瀕死体験が基礎になっているように思うという意見があります。



それは西洋流の「ネバーエンディングストーリー」とは少し世界観が違うようです。



◆これは、西洋と東洋の死生観の違いによるようです。



その違いに、西洋が注目し始めている様子もうかがえるといます。



つまり、「リアリティとファンタジーの区別を曖昧にするような見方」


に注目したと言えるようです。



◆もともとそれぞれの地域において、


風習として自然にあった考え方、感じ方が存在したわけです。



インターネットの普及や交通機関の発展により


グローバル化が比較的簡易に実現でき、


相互交流が以前より断然容易になったのです。



そこで、感じ方の相違を簡単に感じることができるようになりました。



◆2020年の東京オリンピック開催に向けて、


日本文化への関心が高まっています。



そこに照準を合わせて、


商売やボランティアなどの自己実現の成功を目指して努力することは、


少なくともこの4年間の課題とすることができると思います。



少なくともこの4年間の。



        河合 隼雄 著

           → 子どもの宇宙



「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

23:51:24 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき1549】〔幸せになるための、ささいな条件〕 | ホーム | 【気づき1547】〔疲れたとき、病んだときの特権〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/3282-2382e05e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |