【気づき1550】〔幸せの素はどこにあるか〕
2016 / 05 / 15 ( Sun )





◆ボランティア仲間である20歳代後半の友人の結婚式に参列しました。



式場に向かう途中、ふと思いました。



「結婚式に呼んでもらえることはありがたいことだな」



そしてそのことに感謝してみると、


非常に幸せな心持ちになる自分に気づきました。



感謝するということはストレートに幸せに通じるものであることを実感しました。



そのようなことを考えていると、


身の回りに感謝できることがさらにいくつもあることに気づきました。



「結婚式にお祝いを出せるお金がある」



「参列するために、歩いて駅まで来られた」


「天気がよく、すがすがしい風の中駅まで来られた」


「笑顔を交わせる、仲間が大勢いる」


「食事制限なく、なんでも食べられる」


「交通機関が利用したいときに利用できる」



◆意識していないから気づかないだけで、


感謝できるネタは身の回りにいくつもあるのです。



しかも、いたるところにあるのです。



それをはっきり認識して幸せな気持ちでいるのと、


不平不満を思いながら生きるのでは


どちらが楽しく生きられるかを考えるきっかけにもなりました。



◆心を満たすものはなにも自分の外にだけあるものではなく、


自分の心の奥底にもあるのです。



        小池 龍之介 著

           → 煩悩リセット稽古帖



「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

21:40:20 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき1551】〔毒のある表現は、体をむしばむ〕 | ホーム | 【気づき1549】〔幸せになるための、ささいな条件〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/3285-e2347403
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |