【気づき1554】〔煩悩を断ち切れば、より幸せになれる〕
2016 / 05 / 19 ( Thu )





◆仏教でいう欲、怒り、迷いという三毒のうち、


根本となる煩悩ネルギーは迷いです。



目の前のことに集中せずに、


自分の思い描く脳内ヒストリーへとさまよう力です。



この逃避のエネルギーは、


脳内でクルクルと回転し続ける妄想の回転エネルギーです。



この回転ネルギーをベースにして、


欲、怒りのエネルギーも発生するということです。



◆迷いが回転の力であったのに対し、


怒りは不愉快な対象を押しのけて排除しようとする反発のエネルギーです。



欲は快感を与えてくれるものをさらに引き寄せようとするエネルギーです。



◆たとえば、


「今日は仕事に行くのが嫌だな」


と思う反発力が怒りの暗い煩悩エネルギーを増幅させて、


そのあとの心に悪影響を及ぼすストレスの種を残します。



ほかにも、


「ひとりぼっちであびしいな」「今日は失敗してしまった」


などのネガティブ思考は


すべて暗い怒りの煩悩エネルギーを燃料として湧き上がってきます。



◆こういった負の感情に流されるたびに


怒りの煩悩エネルギーの総量が増えるので、


その燃料を使って、以降、


ネガティブ思考に陥りやすい人格が形勢されることにつながるのです。



◆実現可能かどうかは別として、


煩悩エネルギーを断ち切ることができたならば、


わたしたちは今まで以上に幸せな時間を


過ごすことができるということもひとつの事実なのです。



        小池 龍之介 著

           → 煩悩リセット稽古帖



「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

06:38:40 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき1555】〔『考えていない時間』がありますか〕 | ホーム | 【気づき1553】〔純粋に人生を謳歌するための条件〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/3288-734d9569
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |