【気づき1555】〔『考えていない時間』がありますか〕
2016 / 05 / 20 ( Fri )





◆わたしたちの頭のなかには、


いつもなにかの考えがくるくる回っています。



しかも複数のことを同時に考えるので、


頭の中はいつもいくつものことで埋め尽くされています。



そのときその場の雰囲気を十分に味わうなんてことは、


かなりむずかしい状態なのです。



◆充実した時を過ごすということは、


そのときそのときにやるべきことを順番に片づけていくということです。



結局、わたしたちは、


現実には理想と全く正反対のあり方をしていることになるのです。



◆自然な成り行きでいつも何かを考えているという状態は、


ストレスのかかる状態ではないように思えます。



しかし、考えていることが雑念である場合、


心のどこかでは「ちゃんとやらなきゃ」ということが気にかかり、


ストレスがたまり続けていくのが現実のようです。



しかも、その負の波動により


良からぬことまでも引き寄せるというのが道理なのです。



◆まず、その場に必要でないことを考えないようにすることが一番です。



これはなかなかできることではありません。



しかし、少しでもそれに近づくように訓練をしなければ、


死ぬまで「そのときその場を一生懸命に生きる」ということは


叶わないことになるのです。



        小池 龍之介 著

           → 煩悩リセット稽古帖



「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

08:18:44 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき1556】〔ポジティブな心持ちをめざす〕 | ホーム | 【気づき1554】〔煩悩を断ち切れば、より幸せになれる〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/3289-04904d0b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |