【気づき1556】〔ポジティブな心持ちをめざす〕
2016 / 05 / 21 ( Sat )





◆人の傾向として、ネガティブな不満や不幸の心の力によって、


心のエネルギーを増大させようとするようです。



だから人はすぐに腹を立てますし、すぐに文句を言います。



また、失敗や自虐にすら気持ちよさを見出してしまう生き物なのです。



◆このネガティブで不幸な心こそ、


仏道で「悪」と呼ばれるものです。



人の特質とはいえ、その気持ち良さは自らを不幸にするのですから、


当然やめたほうがいいのです。



◆このネガティブな心を活用して生きている人に会ったことがあります。



その人は、周りの人がきちんとしていないことに対して常に「怒り」の気持ちを持ち、


そのエネルギーで自分の行動を後押しする人でした。



本人がやっていることややろうとしていることは


非常に筋が通っていてすてきなことでしたが、


周りからの圧力は相当なもので、


当人も精神的にかなりの重圧を背負っていました。



◆善とは、


自分の心に「欲・怒・迷」の煩悩エネルギーを働かせないで


ポジティブな心でいることです。



それを維持できるようなあり方をしながら、


自分のやるべきことを進めたほうが、


周りにも自分にもプラスであるように思います。



        小池 龍之介 著

           → 煩悩リセット稽古帖



「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

06:52:23 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき1557】〔ストレス発散のつもりで、逆にため込んでいる方へ〕 | ホーム | 【気づき1555】〔『考えていない時間』がありますか〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/3290-a0cb3a6c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |