【気づき1558】〔腹を立てて相手をやっつけられるか〕
2016 / 05 / 23 ( Mon )





◆この世には、


特定の人に対して周りの人には見えないように意地悪をするような人がいます。



しかもそれを、笑顔をもって実行できる類の人たちもいるのです。



いわゆるサイコパスのような人が周りに紛れています。



◆そのような人の言動もきっかけとなって、


怒ったり、不愉快になったり、悲しくなったりするわけですが、


仏教の視点からいうと、


「人は他人の煩悩が大嫌い」なゆえに反応をしてしまうということのようです。



◆つまり、嫌いであるからこそ他人の煩悩に反応し、


そしてネガティブな不快感の煩悩を燃やし、


結局自分の負のエネルギーを増幅させてしまうのがわたしたちの常なのです。



◆そういう構図があるのであれば、


相手をやっつけてやろうと思って腹を立てても全く意味がないことがわかります。



なぜなら、こちらが怒ってみても、


相手には全くダメージはないのです。



腹を立てて、怒りの業を積み、


損をするのはこちらだけということになります。



◆心をコントロールしないと、結局自滅するということです。



        小池 龍之介 著

           → 煩悩リセット稽古帖



「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

21:15:37 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき1559】〔目標設定は具体的に〕 | ホーム | 【気づき1557】〔ストレス発散のつもりで、逆にため込んでいる方へ〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/3292-694f425b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |