【気づき1560】〔自分の親も年を取る〕
2016 / 05 / 25 ( Wed )





◆自分が年を重ねていることを、認識していますでしょうか。



それと同じ分、親も年を積み重ねていきます。



自分が30歳から50歳になるということは、


親は60歳から80歳になっているということです。



◆若くして病気で亡くなる同級生もいるわけですから、


自分の親が疾病で体を悪くすることは自然なことです。



これぞ自然の摂理というべきものです。



幸運にも親が存命であり、しかも80歳を越えているとしたら、


一緒にいる時間は残り少なくなっているのは事実なのです。



◆この残された親との時間をどのように使うか。



ふだん一緒に暮らしておらず、


たまに会うときにどのように過ごしたらいいのか?



◆ふだんの生活ぶりはわからないのですから、


質問攻めにしないことに注意しながら、


「最近どうしてる」「毎日どうやって過ごしているのか」


を聞いてみなければ様子はわからないのではないかと思います。



根を詰めて話ばかりするのも親を疲れさせるので、


合間に風呂やトイレの掃除をするのもいいことだと思います。



母親が嫌がらないのであれば、冷蔵庫の中の整理も。



◆一緒にいる時間が長ければ


認知症の有無や困ったことがあれば見えてきますが、


数時間一緒にいるだけでは状況をつかむ効率を上げる工夫が必要です。



矢継ぎ早に質問をするのではなく、


話をしているうちに様子をキャッチするテクニックも必要です。



話を続ける題材に、


孫の最近の様子を写真にして持っていくことも有効に思います。



◆遠く離れた親が高齢になると、


きちんと生活しているのかどうかが見えづらいので、


2~3ヶ月に1回は泊り込みでいくことがある時から必要になります。



そのきっかけを決断する気持ちと、


経済的な負担を気にしない思いが後悔しないことにつながります。



        小池 龍之介 著

           → 煩悩リセット稽古帖



「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

08:36:13 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき1561】〔リバウンドしないダイエット法〕 | ホーム | 【気づき1559】〔目標設定は具体的に〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/3294-eefd1f5d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |