【気づき1571】〔ストレスのない、明晰な意識の獲得をめざす〕
2016 / 06 / 05 ( Sun )





◆私たちはすぐに、目の前のこととは違うことを考えがちです。



そんな雑念がなければ心はいつもクリアなはずなのですが、


ポツリポツリと心の奥底からいろんなことが思い浮かびます。



そのまま放置しておくと、頭の中は雑念に支配されてしまいます。



◆そこで、その都度雑念を心の中で振り払う作業が必要です。



しかも、一度そういう作業をしたらそれでいいかといえば、


そううまくはいきません。また違った思いがふっと浮かびあがってきます。



そこで、再びグイッと意識を目の前のことに引きもどすのです。



◆始終そんなことをしていたら、心が落ち着かない気がします。



しかし、心に雑事がわいたら、


すかさず強い決意をもって追い出すことが肝心です。



それを心がけないといつまでたっても雑念から解放されないことは、


これまでの経験を見ても明らかです。



「雑念にとらわれたら、その都度追い出す」



この反復運動を常に実行することにより、


一ヶ所に心が集中するという能力が育まれ、


明晰な意識が手に入ることになります。



雑念にとらわれていることに気づき、


その時点で自分を取り戻す訓練を続けると、


人生はもっと充実すると思います。



        小池 龍之介 著

           → 煩悩リセット稽古帖



「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

21:17:27 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき1572】〔充実の根本は、目の前のことに集中すること〕 | ホーム | 【気づき1570】〔思考停止にならないために〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/3305-14838ccc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |