【気づき1575】〔嘘をつくと、頭がわるくなる〕
2016 / 06 / 09 ( Thu )





◆「お花に水をあげておいてね」「わかった」



頼まれたことを気楽に受けたものの、


うっかり忘れてしまうこともあるものです。



「お花に水をあげてくれた?」「う、うんっ」



本当はやっていないのにやったことにしてしまう返事をすることもあるでしょう。



◆しかし、嘘をつく癖を放置しておくと、


事によっては自分の立場を損なうことにもつながりかねません。



それだけでなく、嘘をつくと、


実際におこった場面と嘘をついた場面を覚えていなければならなくなるので、


思考回路に負担がかかります。



結果的に混乱することにつながります。



◆嘘をつくとどうなるか。



「嘘をつくと己の中に、欲の煩悩エネルギーと、


ばれやしないかという恐れの煩悩エネルギーが増幅して損をする」


と、仏道では説明がなされるようです。



◆ささやかな嘘であってもそれを積み重ねていくと、


心の情報回路がおかしくなり、記憶力、決断力などに影響が出てくるとうことです。



嘘をつくと、頭が悪くなっていくのです。



        小池 龍之介 著

           → 煩悩リセット稽古帖



「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

06:49:55 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき1576】〔素敵な人とつき合う条件とは〕 | ホーム | 【気づき1574】〔自分の負のエネルギーをコントロールする〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/3309-84beb9a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |