【気づき1580】〔充実や成功を手に入れるための条件〕
2016 / 06 / 14 ( Tue )





◆昨日、ホームレスから一流の絵描きになった


ジョン・ドーランの転機について考えてみました。



肝心なのは、その転機が成功かどうかということではなく、


転機が訪れたのはなぜかについて考えてみたかったからです。



◆家庭に恵まれず、犯罪を犯し、


薬に溺れる人生を歩んでいた彼が転機を迎えるきかっけになったのは、


一匹の犬でした。



しかも、その出会いは、知り合いから無理やり押し付けられるというひどいものでした。



しかし、その出会いにより、


彼は自分以外のことに対して意識を向けることとなり、


自分に内在する愛情に目覚めました。



その対象を失いたくないという思いからまじめに働くという自覚を得、


元犯罪者という境遇のため人に受け入れられない中、


苦しみながらも仕事を見つけようと努力しました。



◆そして、その懸命な努力のなかで


自分がかつて絵を描くことが好きでしかもほめられたことを思い出し、


路上で絵を描き、絵を売って生計を立てる道を選択したのです。



結果的に、路上アーティストの目にとまり、


彼の存在は広く知られることになったのです。



◆しかし、このエピソードのエッセンスは、


元犯罪者で薬中毒であった彼の能力が認められ、


その存在が広く知られるようになったという、


単なるサクセスストーリーではないと思うのです。



彼のような転機を、


形は違うにせよ、


全ての人が実現できることをこのエピソードから学べることを示していることです。



◆結果がどうなるかということが大事なのではなく、


どのような人生のプロセスをたどるかということが肝心なのではないでしょうか。



つまり、自分以外の対象を愛する気持ちを持つこと、


その対象を守ろうという気持ちになること、


結果その対象から支えられる状況を迎えること、


自分のなかにある「自分がやりたいこと、求めていること」に耳を傾けること、


そしてそれを状況抜きに試すこと、


そして続けること。



◆これらの状況は、


なにもひどい境遇でないと体験できないわけではありません。



違いがあるとしたら、


1つ1つのプロセスで必死に立ち向かう思い入れの度合いが違うのかもしれません。



恵まれていることで自分がはじけきることができないと感じるのなら、


それなりの状況を自分に用意するか、


思い方を切り替えて、


自分なりの成功、充実を手に入れればいいのです。



◆[それぞれの成功を手に入れる」



このエピソードは、


そうすることができるということを教えてくれる、


貴重な題材だと思うのです。



        小池 龍之介 著

           → 煩悩リセット稽古帖



「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

05:42:52 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき1581】〔心の雲を晴らすテクニック〕 | ホーム | 【気づき1579】〔ホームレスから、一流のアーチストへ〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/3314-5c8c6ab0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |