【気づき1588】〔読書は人を強くする〕
2016 / 06 / 22 ( Wed )





◆「なぜ、本を読むのか」



この質問にしっかりと答えられる人は非常に考えの深い人ではないかと思います。



この問いに対して、


受験を控えていた年代には


「希望校に合格するため」くらいの考えしか浮かばなかったのが実際です。



◆しかし、


学校を卒業して社会人になったときに同じ質問をされたら、


また違った思いに至ります。



「猛勉強する時期は終わったんだけど・・・」



勉強とは試験に合格するための以外に


自分にとってどういう意味があるのかを教えてもらえていない悲劇がここにあります。



◆わたしたちは生きているうちにいくつもの試練にさらされます。



それを一つ一つクリアしていくしかないのですが、


ただ辛いことに対応しているだけという気持ちでは気力がもちません。



自身が命を失うことに直面したり、


身のまわりの人の死を受け入れなければならないようなことも起こります。



◆「なぜ自分は生まれてきたのか」


「人はなぜ生きるのか」


「自分は何をすべきか」



このような思いに対する自分なりの考えが定まれば幸せです。



それを実現するには、


自分だけで考えきれるものではないのでそこで勉強が必要になります。



先人が人生について書いた書物には、


自分がまだ経験したことがない人生の経験が詰まっています。



◆そのような書物に接している人は当然他の人とは違ってきます。



いくつになっても、古典等の書物に親しむことは自らを助けることにつながります。



       致知出版 「致知」

           → http://www.chichi.co.jp/



「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

20:24:56 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき1589】〔恵まれないからこそ、得るものがある〕 | ホーム | 【気づき1587】〔心の支えとなる言葉に出会う幸せ〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/3322-10d8efb3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |