【気づき1589】〔恵まれないからこそ、得るものがある〕
2016 / 06 / 23 ( Thu )





◆何がしかの制限があり不自由であるがゆえに、


あるいは恵まれていない境遇であるがゆえに、


考えを変えなければいけなくなり、


工夫もしなければならないということが起こり得ます。



そういう状況であったからこそ、


結果的にある能力が身についたり、


考え方の幅が広がるということもあるのです。



◆ただし、そのような境遇の下にある人すべてが


良い結果を得られるわけではありません。



もがきながらも、


生き抜こうとして懸命に努力し続ける人だけが


そういう結果を得ることができるのだと思います。



◆「a blessing in disguise」という言葉があります。



これは直訳すると「仮装した祝福」ということです。



身に起こっていることが一見不幸のような格好をしていますが、


本当は天の恩恵であるということを言い表しています。



◆イチローが日米通算安打世界一を達成した際のインタビューで言っていました。



「自分が馬鹿にされたときの悔しさをバネにしてここまできた」と。



自分の思い方が自分をマイナスに導くのではなく、


プラスに持っていく思い方をし、


しかも並大抵ではない努力を続けてきたからこそ


彼をあそこまで押し上げてきたのではないかと思います。



◆ある意味、自分の考え方しだいで結果は全く正反対になります。



そこで考えます。



自分にできることは、地道に努力を積み重ね続けること。



それを続けているうちに、


天からはしごが下りてくる瞬間を迎えられるかもしれないということです。



結果を気にせず、


自分としてできることを続けることが次の高みに到達できる秘訣だと感じます。



       致知出版 「致知」

           → http://www.chichi.co.jp/



「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

06:07:49 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき1590】〔頑(かたくな)さがアダになることもある〕 | ホーム | 【気づき1588】〔読書は人を強くする〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/3323-d23776a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |