【気づき1598】〔あなたは、日本の良さはどこにあると思いますか〕
2016 / 07 / 02 ( Sat )





◆2020年のオリンピックが東京で開催されることが決まってからか、


日本中が外国の観光客をどのように迎えるかということに意識が向かったように思います。



その影響か、


日本人自身が自国の文化や伝統について認識していないことに気づき、


そこに興味を持ち始め、突き詰めていく動きが出始めたように思います。



◆わたしもその一人であり、


外国から来日した観光客がガイドブックで集めた情報以下の知識しかないことを


さみしく、またつまらないと思っています。



これまでは、テレビ番組やインターネットで見聞きしたことを


自分自身で体験したことだとある意味勘違いしていたことを


再認識したのが実状です。



◆やはり、現地のことを肌で感じるためには自らの足で歩いてみることが一番です。



今日は、有明のビックサイトに用事があったので、


そこから有明コロシアム脇を通り、


築地の新市場を通り、


勝鬨橋を渡って、


築地市場近辺を散策してみました。

東京ビックサイト

勝鬨橋(有明側)

勝鬨橋(築地側)

木村屋総本店



◆築地市場近辺では、


路上で海鮮丼を出す店や干物を売る店などが多く開店しており、


非常に賑わっていました。



とくに、客の半分以上が外国人であることには驚きました。



ここ3年ほど築地には毎年通っていますが、


今年が外国人比率ナンバーでした。



◆しかし、その光景を見てさらに思いました。



「外国人が面白いと評価しているところに、


日本人自体が気づいていないのはおかしいし、もったいないことだ」



◆遠方に行くことだけが旅行ではないのです。



もし今の風潮に影響されて忙しさにあおられているのだとしたら、


ちょっと足を延ばす用事があれば


その都度、出先の面白いところをちょこっとでも味わうことが、


今風に「日々旅にして旅を栖(すみか)とす」を実践することになるように思います。



       安岡 正篤 著

           → 知命と立命新装版



「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

06:23:48 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき1599】〔雑念が毎日をつまらなくさせる〕 | ホーム | 【気づき1597】〔偉そうな思いは成長を止める〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/3332-66ab86bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |