【気づき1604】〔友達は選べ〕
2016 / 07 / 08 ( Fri )





◆人と人は、交わることによりお互いに染め合いながら生きています。



似たような欲や怒りという煩悩でつながり、


煩悩を増幅するという関係でもあるのです。



だから、つきあう相手を間違えれば、


思わない生き方をしてしまうということも起こり得るのです。



◆吉田松陰も、「友は選ぶべき」ということを「士規七則」の中で挙げています。



「徳を身につけ、能力を伸ばすには、師の導き友の助けが要る。

だから、どういう人と付き合うかに慎重であれ。」

(『致知』2016年8月号より)



◆気持ちが改まる、自分を律することができる、


心が美しくなるような人とつき合うことができたら理想的です。



しかし、それを理想と感じられるためには、


この世に生まれてきた自分の使命を確認し、


それを達成するために努力を重ねていくという姿勢があることが前提となります。



◆つまり、自分の使命の確認、その達成にむけて努力をしている人でないと


この言葉の重要性が理解しきれないことになります。



先人の言葉が心に響く心のスタンスに自分をもっていくことがまずは大切です。



そして、その考え方や感じ方がひいては社会のためになります。



        小池 龍之介 著

           → 煩悩リセット稽古帖



「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

06:52:20 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき1605】〔型から外れるから見えるもの〕 | ホーム | 【気づき1603】〔心の中も整理整頓〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/3338-3a32f755
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |