【気づき1610】〔『絶対』が自分を窮屈にする〕
2016 / 07 / 14 ( Thu )





◆「絶対に~こうしたい」というときの絶対が


「100%」を意味するかどうかというと


そうではないのが実状です。



「絶対!」と思っていたところに新たな条件が1つ加わっただけで、


その思いはあっさり切り替わることがあるものです。



◆そう考えると、ある人が意見を翻すことに対して、


「あの人の考えには一貫性がない」という評価を下すことは


正当ではないということになります。



逆にそれは自然なことなのだと受け取るべきことになるのです。



◆「絶対に、毎日~~をする」


と決めたことを実行することは立派なことです。



しかし、仏道で考えるとそれは、


感情に駆り立てられることになるようです。



そのような思いから離れることが真の自由という解釈の仕方です。



◆絶対と思っていることに対して、


「実は何%かは反対のことも考えているよね」と自分で確認することが、


冷静で穏やかな心でいられる秘訣です。



        小池 龍之介 著

           → 煩悩リセット稽古帖



「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

06:44:58 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき1611】〔『気づけない人』は人生の選択肢を失う〕 | ホーム | 【気づき1609】〔不愉快にならない境地〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/3344-d0de0c44
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |