【気づき1616】〔失敗は試練。しかし成功も試練〕
2016 / 07 / 20 ( Wed )





◆テレビ朝日で放映されている、


「しくじり先生」というテレビ番組があります。



この番組は、


世間の人の多くがその実績を知る人が失敗したことを、


講義形式で伝える番組です。



その番組での話を聞いていると、


試練というものは自分にとって辛いことだけではなく、


うまくいったことも試練であるということを強く感じます。



◆その番組で話をする有名人に比べて、


一般人である私たちは多少の成果を収めたとしても


そんなに大きなことをしているわけではありません。



しかし、さしたる地位や名声や財産を得たわけでもないのに、


一人前に自分の地位に驕りを感じたり、


有名になったと喜び、気持ちが大きくなって横柄になり、


努力もしないで浮かれるということになるのが、


わたしたち人間のサガ(特質)です。



◆後で考えたら当たり前だと思うことが、


その渦中であると気づけないということがあります。



それは、多くの人が知るところとなることをなし得た人であればあるほど、


自分の思いだけではなく、


自分を取り巻く人たちの思い(あるいは思惑)の影響も受けるのでしょう。



◆しかし、自分の思いとは違う力で、


自分の意図することが捻じ曲げられることは心底悔しいことです。



そうならないためにも、


苦しいときに成功しようとして努力を重ねること、


そして、うまくいったあとでさえ、


次なる目標を定め、


謙虚に努力をしていくことが大切であることを自分に言い聞かせることが大切です。



◆周りをみても、その実例はあるのです。



成績が良かった、あるいはスポーツができたけれども


人のことを大切にしなかった人はどうなったでしょうか。



職場で偉そうに振る舞い、


人のことを無下にしていた人はどうなったでしょうか。



◆自分が同じようになりたくないというだけでなく、


そういうあり方がどれほど空しくて意味のないことを噛み締め、


自分がどう生きてこの世で何を残すかについて考えることが、


成長につながり、人やタイミングや状況に恵まれ、


結果的に人のためにもなるものだと信じます。



        稲盛 和夫 著

           → 「成功」と「失敗」の法則



「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

05:26:55 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき1617】〔言葉が支えてくれる〕 | ホーム | 【気づき1615】〔試練を克服するための指標を学ぶ〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/3350-a36e156d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |