【気づき1624】〔足るを知る〕
2016 / 07 / 28 ( Thu )





◆人は、財産、地位、名誉などを求めるものです。



欲に迷い、惑うのが人の性(さが)なのです。



確かに、生きていくために欲は気持ちを押し進める起爆剤となります。



しかし、放置しておくと暴走を招きかねないのも事実なのです。



◆毎日伝えられる様々な事件を見ると、


欲を野放しにしたことが原因であるものが多くあります。



違法な薬物を所持,使用する有名人が


ここ数年で何人も逮捕されているのはそのいい例ではないでしょうか。



◆欲には際限がないのです。



それゆえ、歯止めをかけないと


それは限りなく続くことは歴史も証明することなのです。



つまり、足りることを知らないと、


いつまでたっても充足感、満足感を味わうことができないのです。



◆目の前のことをしっかり受けとめる、味わう、感謝するという視点がなく、


好き勝手なことをやり続けている人がこの世には多くいます。



◆何が幸せか、どれくらいのことが自分にとってちょうど良いかを常に意識して、


それに慣れ、しかも継続していく姿勢がないと、


落ち着かず、場合によってはとんでもない状況に陥ることになるのです。



◆律することが幸せになることを自分にいい聞かせることが


幸せへのひとつの近道です。



        稲盛 和夫 著

           → 「成功」と「失敗」の法則



「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

14:47:39 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき1625】〔人生は取り返せる〕 | ホーム | 【気づき1623】〔差し出した愛は必ずもどってくる〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/3358-cecae73b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |