【気づき1642】〔人生を開く、3つの鍵〕
2016 / 08 / 15 ( Mon )





◆人生を開くためには、3つの鍵があるといいます。



第1の鍵は、心を開くことです。



心を閉ざしている人に、人生は開かないようです。



もともと開くという言葉には耕すという意味があり、


固い地面にタネを蒔いても実を得ることはできないのです。



◆また、心を開くために良いといえる心構えは4つあるといいます。



それは、「物事を前向きに捉えること」「素直なこと」


「感謝の念を忘れないこと」「ぐちを言わないこと」。



心を開くということの具体的な課題です。



◆第2の鍵は、


「心構えというものは、どんなに磨いて毎日ゼロになる能力。

毎朝歯を磨くように、心も毎朝磨き直さなければならない」


というもの。



毎朝、思いを新たにして、


適度な緊張感を持続する覚悟が必要なのでしょう。



◆第3の鍵は、


「必ず忠信以て之を得、嬌泰以て之を失う」


というものです。



真心を尽くして行動すれば成功に近づき、


おごり高ぶる態度でいれば失敗する方向に向かう、


ということです。



◆あらためて、


人生を開くためにはどうしたらいいのかについて教えてもらいました。



これまでに聞いたことのある言葉も含まれていましたが、


聞いたことがあるだけでは意味がなく、


実践するかかどうかが肝心なところです。



◆聞いたら思い出す、字で読んだら思い出す、


というレベルでは、


実践できる域には達していません。



毎日手帳に書いた字を見て確認し、


まずは常に意識できるようでないと実践しきれるはずはありません。



     藤尾 秀昭、武田 双雲 著

           → プロの条件



「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

06:34:14 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき1643】〔自分本位は、どこまで通じるか〕 | ホーム | 【気づき1641】〔人生を停滞させる、5つの『気持ちの病気』〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/3376-9f71e48e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |