【気づき1654】〔仕事のことしか頭にない生活は、幸せか〕
2016 / 08 / 27 ( Sat )





◆「朝起きたら布団をたたむ」「自分が食事で使った器は台所へ運ぶ」


「ごみが落ちていたら拾う」「自宅に帰ったら、家族の靴をそろえる」


「よそへ行っても履物をそろえる」



◆やって当たり前のことなのに、


多くの人が見過ごしたり、見逃したり、見捨てたち、軽く見てきたものを徹底的に拾い上げ、


大事にすると気づくことが多くあります。



また、人が見捨ててきた物や考え方の中に宝の山を見つけて、


自分の生活の糧にしただけでなく生きがいにした人もいます。



◆自分が送っている毎日を冷静に見返すと、


自分でも見逃していることがいくつかあることに気づきます。



それだけ、余裕なく過ごしているのが現状なのです。



◆わたしたちは、仕事をすることを中心に据えて毎日を送っています。



これは、


「生活のなかに仕事があるのはなく、仕事をするなかに生活がある」


という状態です。



都会になればなるほど、その傾向は強くなるのではないでしょうか。



◆いまいちど、「自分は何をしたいか」、「どう生きたいか」を確認し、


自分の意に沿った人生を形作っていくべき時代ではないか、


それができる時代ではないかと思えてきます。



◆そういうところに目をつけると、


歯をくいしばって仕事をしなくても穏やかに仕事をしていける可能性は高まります。



それは「人間の回復」につながる1つの視点なのかもしれません。



       鍵山 秀三郎 著

           → 凡事徹底



「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

05:36:58 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき1655】〔根を張る生き方に、実(みのり)はある〕 | ホーム | 【気づき1653】〔打算を見破る力を身につける〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/3388-10dff494
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |