【気づき1659】〔なぜ、掃除をするのか〕
2016 / 09 / 01 ( Thu )





◆なぜ掃除をするかといえば、汚れたところを綺麗にするためです。



しかし、掃除にはそれ以外にもいろんな意味があります。



イエローハットの創始者である鍵山氏は、


「社員の心をすさませないために掃除をはじめた」と述べています。



◆たしかに掃除をすることが心に影響をあたえるという視点を日本人は持っています。



現に、仏道での修業の1つと掃除を位置づけていることからもわかります。



◆学校に通っていた頃にはみんなで掃除をするということを自然にやっていました。



しかし、社会に出てからは、そのようなことはなくなってしまいます。



鍵山氏がお考えのように、


掃除が会社全体に与える影響は大きいと思うのですが、


組織の仕組みがそうなっていないとなかなか実現しないかもしれません。



◆そこでもし、掃除をすることの意味が大きいと感じるのであれば、


まずは自分から率先して掃除をし始めるということも1つの方法です。



身のまわりのちょっとした、拭き掃除、掃き掃除はすぐにでもできます。



◆掃除をすると自分の心がすっきりするだけでなく、


掃除をする姿を見る人にも少しずつ影響は出ると思います。



まずは、


汚れているところ、散らかっているところがどこであるかに気づき、


そこを掃除するということをまずは今日実践します。



       鍵山 秀三郎 著

           → 凡事徹底



「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

06:42:50 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき1660】〔慣れは最大の敵〕 | ホーム | 【気づき1658】〔自分で気づけないと、生き残れない〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/3393-454ad031
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |