【気づき1692】〔宇宙が膨張している意味〕
2016 / 10 / 04 ( Tue )





◆宇宙はどんどんひろがっているといいます。



宇宙の限界のその先はどうなっているのでしょうか。



膨張し続けているということを聞いてもとんと理解ができないし、


本当のことかと耳を疑ってしまいます。



◆また、地球に届く星の光のうちには、


何億年も前に輝いた光がいま届いているものもあるのです。



わたしたちは、説明がつきにくい現実のなかで生きているということもできるのです。



◆とはいえ、自分は現にここにいて、いろんな思いを抱いて生きています。



正直なところ、宇宙がどうなっていようが関係ないと考える気持ちもよくわかります。



しかし、理解することがむずかしい宇宙というもののなかに


私たちがいることは間違いのないことです。



生きているということを、


そのような視点からとらえることもできるのではないでしょうか。



◆宇宙と自分の直接的な関わりは見いだせないにしても、


矛盾した現実に生きていることを知り、


宇宙との関わりを多少知ったり考えたりすることで、


自分なりの世界観や人生観が生まれる可能性がそこにはあるのではないでしょうか。



◆自分との関わりを考えることにより、


自分の哲学をつくっていくことは


自分の人生を形づくることにつながるのではないかと思うのです。



場合により、それが自分を救うこともあると思います。



       佐藤 一斎  著

           → 言志四録



「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

07:45:42 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき1693】〔変わろうと思っていれば、変われる〕 | ホーム | 【気づき1691】〔『今日はどう生きるか』を確認し、一日をスタート〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/3426-4a6584fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |