【気づき1704】〔第一印象が悪かった人と結婚した、わたしなりの理由〕
2016 / 10 / 16 ( Sun )





◆第一印象は大事だとよくいいます。



確かに、出会った最初の段階での身だしなみ、表情、表現で、


関係が次につながるかどうかを左右することが実際にあることを


わたしたちは経験しています。



◆しかし、ここでじっくり思い出してほしいことがあります。



「第一印象が悪かった人と人間関係が続いていることはないのか?」



何を隠そう、


わたしが配偶者と初めて会ったときの印象は、


「感じが悪い」というものでした。



少なくともわたしは、


第一印象が悪かった人と一生付き合うことを選択したのです。



◆子供の頃に親から言われました。



「人は見かけで判断しない」


「人とは平等に付き合いなさい」



でも、大人になってみてこの言葉を思い起こしても、


実際はなかなか実践できないことなのです。



かなり、広い心で、あるいはもともと気にならない性格でないと


できないことなのではないかと思うのです。



◆しかし、実際に、


最初あまり印象が良くなかった人と一緒にいることを避けずにいると、


当然、いろんな場面を一緒に過ごすことになります。



そのうちのある場面で、


その人の考え、実践していること、人づきあいなどを通して、


自分が思い描いていたのとは全く違う状況を目の当たりにすることがあるのです。



◆その場面に遭遇すると、


「わたしはこの人のほんのひとつの側面しか知らなかった」と思うしかありません。



だから、やはり決めつけてはいけないのです。



決めつけないばかりに馬鹿を見たりがっかりしたりすることはありますが、


決めつけたらそこですべてが終わりなのです。



長くつき合える人と出会うためには、みきりは禁物であると思います。



すこしゆとりをもって長い目で見るスタンスが


自分の人生を豊かにしてくれることもあるのです。



       佐藤 一斎  著

           → 言志四録



「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

07:05:44 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき1705】〔年をとったら、皆まともになるか〕 | ホーム | 【気づき1703】〔『暗闇での対話』が道を開く〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/3438-e82c4a16
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |