【気づき1709】〔『一人』か『群れる』か、生きざまが問われる〕
2016 / 10 / 21 ( Fri )





◆一人でいるか、群れて過ごすか?



不思議なもので、


幼いころよりその方針というものは


それぞれの性格によって決まっているように思います。



わたしは幼いころ、引っ越しを何回か経験しました。



父親の仕事の関係によります。



◆幼稚園は3か所、小学校も3年ずつ2か所に通いました。



この時、自分がどのように考えてどのように行動するかを確認することになりました。



わたしは、自分の思いの通りに行動することを優先しました。



結果的に群れるようなこともありますが、


一人になることを避けることもせず、


自然な流れに身を任せるという立場でした。



◆人の特性を大きく分けて、


群れることを優先する「サル型」と、


一人でいることをいとわない「オオカミ型」に分けた場合、


ある年代を境に「オオカミ型」にシフトしないといけないようです。



◆サル型とは、


どれだけ子分がいて、どれだけの物を持っていて、


どのような体格をもっているかというように、持ち物にこだわるようです。



対して、オオカミ型とは、


ピンチの際にどのような振る舞いをするか、


何にこだわり何を大切にして生きるかという違いがあるようです。



◆40代、50代を越えると、


何を持っているから偉いというようなことから、


どのように生きるかが問われる時代になるというのです。



確かに、人生終盤になればなるほど、


自分がどのように生きるかを定め、


それにしたがって生きていることが


自分の残された毎日を有意義に過ごすことになります。



ある程度の年代になると、


このことは人から言われるまでもなく肌で感じるところでしょう。



       中谷 彰宏  著

           → 50代でしなければならない55のこと



「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

06:13:59 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき1710】〔部下への言葉づかいに見る、上司の心のうち〕 | ホーム | 【気づき1708】〔あなたは、隣りでため息をつく人と同じ運命をたどりたいですか?〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/3443-5259b68a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |