【気づき1728】〔『自分とは何か』、それを考えるべき時代〕
2016 / 11 / 09 ( Wed )





◆「新聞、雑誌、ラジオ、テレビ、スポーツ、株式、


映画、音楽、ダンスというものに気をとられたらどうなるか?


自分というものがなくなる」



安岡正篤氏は昭和38年の時点でそう感じています。



◆その時代に比べ、


今やコンピュータ技術の普及により私たちの生活は一変しています。



情報量や情報伝達速度が急速に増しています。



情報を入手するという能動的な立場ではなく、


情報が勝手に入ってくるという、


かなり受身的な状況にまでなっています。



◆水の流れる川に足を踏み入れると、


見た目にはわからないほどの水圧が足にかかります。



うっかり深みに立つと、立っていることもままならないほどです。



今は、大量の情報の流れに身をさらしていながら、


それをあまり意識できていない時代のように感じられます。



◆自分がなくなるということは、


自分がどうなっているかを知らないまま過ごしているということです。



気がついたときには、


「もうこんなに時間が経ってしまっていた」と後悔することになります。



スマホなどの便利なものに心を奪われているうちに時間は経ち、


このままでは本来やるべきことをしないまま年を重ねることになりはしないでしょうか。



◆「本来やるべきこととは何か」、


それを自分に問うということが非常に大事な時代を迎えていると思います。



真摯に生きた先人の思いに触れる機会を持つことが今こそ必要です。



       安岡 正篤  著

           → 青年の大成



「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

12:53:54 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき1729】〔抜けている思考の穴を、埋め戻す〕 | ホーム | 【気づき1727】〔ストレスを小さくする、心の持ち方〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/3462-3c09a974
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |