【気づき1739】〔自分の弱点を世にさらして、なぜ平気なのか〕
2016 / 11 / 20 ( Sun )





◆夕刻の電車の中は、


帰宅途中のサラリーマンや学生が


こぞってスマホとにらめっこをしています。



その様子は、かなり異様です。



スマホをいじっているご当人たちはその事実に気づいているのでしょうか。



◆なかには、つり革の下にいるにもかかわらず、


つり革を持たずに両手を使ってスマホのゲームに興じている人もいます。



電車が急に大きく揺れたときなど、


当人さんも大きく揺れ動いて、


周りの乗客にぶつかっています。



そんなことが起きているのに、


ゲームをしている当人は、


以後もかわらずにつり革を持たないままで、


周りに迷惑をかけ続けているのです。



◆意思が弱いとか、判断力がないとか、


自分を客観視することができないなどということは、


電車に乗り合わせただけでは周りにはわかりにくいものです。



しかし、スマホをきっかけにして、


それがあからさまになるのですから怖ろしいことです。



◆電車内で迷惑をかけながらゲームをするということは、


周りに他人がいるのに自分の欲求をコントロールできていないということができます。



しかも、他人様が大勢居る所で、


人に迷惑をかけながらも自分の欲求を見たしているということは、


自分ひとりのときも自身をコントロールすることができないということを


発表しているようなことにもなるのです。



◆いくら平和な日本でも、


努力して生き抜いていかなければならないことはかわりのないことです。



自分の弱点を世間の目にさらしていることが


自分の不利益につながるかもしれないことを


少しは考えてもいいのではないでしょうか。



◆そういうことが起こっていることを、


客観的に認識できないと大きな損失である思うのですが、


いかがでしょうか。



       安岡 正篤  著

           → 青年の大成



「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

06:40:16 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき1740】〔自分のやるべきことをやることが、社会のためになる〕 | ホーム | 【気づき1738】〔『自分の存在意義は?』〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/3473-105dc1d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |