【気づき1742】〔『寸暇を惜しむ』人生であるか〕
2016 / 11 / 23 ( Wed )





◆寸暇を惜しむということは尊いことです。



しかし、その意味合いがそれぞれの人にとってすいぶんと違ってきます。



目標をもっていないと、


そのような思いには至りにくいものだからです。



そこで、まずは目標設定が大事です。



◆そういう目で夕方の通勤電車のなかを眺めてみたら、


少々がっかりします。



仕事や学校を終えたあとの息抜きなのかもしれませんが、


多くの人がスマホのゲームに興じています。



その時間は楽しいものでしょうし、


有意義さを感じる人もいることでしょう。



しかし、自分の目標達成を押し進めている時間になっていないのは事実です。



◆文章を考える時間として都合がいいところとして、


古代中国では「三上」というものが挙げられています。



それは、枕上、馬上、厠上です。



ここには短時間でも集中できるチャンスがあるのです。



今で言うと、寝る前と起きた直後、移動中、トイレの中ということでしょう。



◆目標を持つとその達成のために努力を重ねますが、


努力をしているということは


適度に集中,緊張しているがゆえに


いろんなことを感じるアンテナを張っているということになります。



こういう状態でいると、


いろんなことに気づくことができます。



ふつうではつながらないところで因縁がつながることも起こります。



安岡正篤氏は、


「こういうところに、人生,事業,学問の秘訣がある」


と明言しています。



       安岡 正篤  著

           → 青年の大成



「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

06:36:00 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき1743】〔心を軽くする方法〕 | ホーム | 【気づき1741】〔『何となく不安』は一番つらい〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/3476-de3f18c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |