【気づき1745】〔雑学と多面性を得ることの境目はどこ?〕
2016 / 11 / 26 ( Sat )





◆専門バカという言葉があります。



ある一定の事柄に対してのみ異常な興味と執着心と知識を持っているのですが、


他の事に関してはからっきし無知、無関心な人のことをいいます。

(参照:はてなキーワード)



◆海外では、日本のオタクという存在は、


マニアックであるけれどもその道を極めるという意味で


賞賛に値するという評価を受けているといいます。



専門性にはそれなりの評価があってもいいのかなと思う事例です。



◆しかし、専門分野があっても、


その分野だけのことしかわからないことは


よくないことだという評価があるのも事実です。



しかも、他分野のことを知るにしても、


雑学ではなくある程度こなさなければならないという見解もあります。



◆専門バカではだめだという評価がありながら、


他分野のことを知るにも中途半端なことは良しとしない意見があります。



一体どこまでやればちょうど良い頃合いなのでしょうか。



何を基準にして、


専門分野と周辺分野に割くエネルギーの配分をすればいいのでしょうか。



◆その基準の根本は、


「万物は多くの異質なものの微妙な統一調和からできている」というところです。



さらには、


「どこまでが雑学で、どこまでが多面性を得ることになるのか」


という問いに対しての答えは、


「純な内面的欲求にしたがってやれば、決して雑学にならない」


ということが目安になるようです。



       安岡 正篤  著

           → 青年の大成



「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

06:07:25 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき1746】〔『悪党』はいても、『善党』はいない〕 | ホーム | 【気づき1744】〔自らを守るセーフティーネットの張り方〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/3479-3597f911
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |