【気づき1777】〔毎日の鍛錬が幸せを招く〕
2016 / 12 / 28 ( Wed )





◆「前を向く」ことは当然いいことですが、


心の中が心配や不平不満の気持ちが渦巻いていると、


実際に前を向くなんてことはできません。



そんな心持ちでは、


目の前のことにすっきりと集中できないのですから、


ある意味当然なことです。



◆不運にも仕事の上でめんどうなことが重なり、


気持ちに負担がかかることがあります。



そんなときにも目の前のことをそのまま受け入れにくく、


前向きにはなりにくいのが現状です。



◆そこで、常に気持ちをリフレッシュする技術を持っていると非常に有利です。



しかし、心の持ち様という技術ですので、


修行というか、もしくはそれに近い鍛錬が必要ではないかと考えられます。



◆天台宗の千日回峰行という荒行があります。



約8年かけておこなう修業です。



5月から9月までは毎日48キロを歩くのです。



歩く以外の行もありますが、


歩くことだけを考えても1年のうち100日以上連続して毎日48㌔を歩くのですから、


「きつい」「つらい」「めんどう」などという雑念に囚われたらまずなし得ない修業です。



◆そこまで過酷な修行を実践することはできなくても、


毎日雑念を振り払い、自分の心の平安を維持して、


人のためを思い、社会の平和を祈り、


集中して目の前のことを淡々とこなす姿勢を


維持する努力は続けられそうな気がします。



そのようなことを実際に行うことがまずは自分を幸せにし、


その結果周りの人も幸せにしていくのではないかと感じます。



       川口 雅昭 著

           → 吉田松陰修養訓



「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

08:54:03 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき1778】〔自分であることを磨く生き方〕 | ホーム | 【気づき1776】〔人生の到達点はどこか〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/3511-6c8cf410
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |