【気づき1792】〔筋の通った人間になるには〕
2017 / 01 / 12 ( Thu )





◆自分では当たり前だと思ってもそうではないこともあります。



人がいやがるようなことを平気でする人もいますし、


自分の利益だけを考えて行動するような人もいます。



目に余ることもありますし、疑問に思うことも腹が立つことも多くあります。



◆しかし、ひるがえって自分の行動を見てみることも必要です。



気づかないうちに、自分も同じような失敗をしているかもしれません。



それでは元も子もないので、


己の律し方を学び、また常に適度な緊張感をもって過ごさなければなりません。



◆では、どういうスタンスでいればいいのでしょうか。



筋の通った人になりたいと思ったら、


それはそんなにむずかしいことではないと吉田松陰は述べています。



難解な学問を修め、厳しい修行をしていなくてもよく、


ただ道理に合っているかどうかを見ればいいというのです。



◆まずはそのような信念を持ち、毎日を暮らせるかどうかが出発点です。



また、そういうあり方で生きるといっても、


周りに堅物と思われてもうまくありません。



柔軟な考え方や行動ができるように、


時代に沿った佇まいを身につける努力をすることを一種の楽しみと受け取り、


修行してみるのも今風かもしれません。



       川口 雅昭 著

           → 吉田松陰修養訓



「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

07:37:58 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき1793】〔怒ってつまらない思いにならない訓練の一例〕 | ホーム | 【気づき1791】〔なぜ、仕事をするのか〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/3526-f8d2648a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |