【気づき1799】〔心をつくし、出し惜しみのない毎日を送る〕
2017 / 01 / 19 ( Thu )





◆心を尽くすということは、非常にむずかしいことです。



まずはそんなことを皆が決意するわけではないという意味で、


心を尽くすということを目標にすること自体は非常にすてきなことです。



◆しかし、心を尽くすと誓っていながらも、


不測の事態が起こるとすぐさま不平不満の心がわき起こるのが現実です。



尽くすというすてきな次元から、


まったくもってダメな現実世界に自ら舞い戻ってしまうのです。



◆「心を竭(つく)し力を尽し、薀を発して惜しむことなかれ」


「心をつくし、能力をつくし、これまで蓄えた力をすべて発揮して、

出し惜しむことのないようにしなさい」

(吉田松陰、「兒玉君管美島軍事を排するを賀する序」)



◆「今の自分は、心を尽くしているか」



「今の自分は、力を出し惜しみしていないか」



つねに自分を振り返り、


ボルテージがどのあたりかを確認し、


もし力を抜いていることを自覚したら、


自らの尻をたたくという生き方をしているうちに


自然と力を尽くす生き方に近づけるのだと感じます。



       川口 雅昭 著

           → 吉田松陰修養訓



「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

06:45:12 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき1800】〔『信念』と『独りよがり』は紙一重〕 | ホーム | 【気づき1798】〔仕事を離れたら、仕事を忘れる〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/3533-a5a68a41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |