【気づき1804】〔死ぬことは、怖いこと・・・か〕
2017 / 01 / 24 ( Tue )





◆経験したことがないことに対して不安を抱くことは、


人間としてふつうのことです。



だから、死ぬことについて考えると「怖い」と思うのは自然な流れです。



でも気にかかるのは、死ぬときは痛いものなのかそうでもないのか。



ある女医さんが書いた本を読んだとき、


死ぬ間際は脳内モルヒネの影響で心地よいものだということを読んだことがあります。



だから、気持ち良いものなのなのでしょうか。



◆それがどうであれ、死ぬということはこの世とのお別れなので、


どんなものなのかを知る機会がないのも仕方のないことです。



ただ、この世との別れというのは、


自分が慣れ親しんだ人や物との別れを考えるからつらいものだと感じるのかもしれません。



◆映画「タイタニック」で、


レオナルド・ディカプリオが


愛する人の目の前で冷たい海の中に沈んでいくシーンがありました。



その沈みゆく人が自分の身近にいる愛する人であったとしたら


どんな思いになったかを考えただけでも心が苦しくなってきます。



◆人は生まれたときから死に向かって歩み出すというのが現実です。



しかし、死ぬことを恐れてはいけないといっても誰も納得しません。



ただし、そのような現実のなかで生きていることを


ある時期きちんと受け止める機会がないといけません。



親を始め、肉親との別れは確実に訪れます。



◆その別れを心の傷とするか、


それとも成長の種とするかの大きな差は、


まえもってその死というものに向きあって


受け止めるかどうかではないかということを最近よく考えます。



       川口 雅昭 著

           → 吉田松陰修養訓



「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

05:29:10 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき1805】〔今の自分を客観的に眺めることの意義〕 | ホーム | 【気づき1803】〔できないのではなく、やらないから〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/3538-ff87865c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |