【気づき1826】〔出来ていそうで、出来ていないこと〕
2017 / 02 / 15 ( Wed )





◆今年に入り、もっと地に足をつけて一歩一歩前進したいと考え、


自分なりの工夫を加え、それを実行してきました。



すると、これまで見えていなかったことが見えてきました。



◆自分では十分にやっていると思っていても、


できていないことがありました。



誠意をもってやってきたと思っていても、


そうではない局面があることに気がつきました。



◆「目の前の事にじっくり向き合う」



これは当たり前のことのように思いますが、


よくよく考えるとできていないこともあったのです。



仕事をひとつひとつこなしていくときに、


気になることについて考えながら目の前のことをやっていることがあるのです。



目の前のことに集中できていないのです。



◆何も目の前のことをおろそかにしようと思っているのではないのですが、


結果的にそうなってしまっているのです。



◆「目の前のことにじっくり向き合う」



とにかくこれを達成する毎日にしていくことが大事です。



       安岡 正篤 著

           → 知命と立命新装版



「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

06:35:28 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき1827】〔謙虚さが必要な理由〕 | ホーム | 【気づき1825】〔いつ動き出すか、そのタイミングが重要〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/3560-e97931cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |