【気づき1827】〔謙虚さが必要な理由〕
2017 / 02 / 16 ( Thu )





◆自尊心は必要ですが、自分のプライドが前面に出すぎた場合、


意地というものが自然と出てきます。



そういう状態になると、


状況を透明な眼で見ることができなくなってきます。



視界にかすみがかかってきてしまうのです。



◆そういう事態を招き始めている時点で、


自ら気づき、そして修復のプロセスにシフトできるためには、


その人が意図的に冷静さや謙虚さを


自らの心に呼びさます訓練ができていないとむずかしいようです。



◆そういう訓練を、親や兄弟から伝えられてやってきた人もいますし、


つらい境遇のなかで自分が立ち続けるために自然とできるようになった人もいます。



◆ただ、冷静さや謙虚さを心に呼び起こすためには、


「なぜ、冷静,謙虚になる必要があるのか」ということを


はっきり理解していたほうがよりスムーズです。



その理由が自分だけのためではなく、


たとえば世のため人のためという思いであったとしたら、


それはより簡単になるという事実もあるようです。



       安岡 正篤 著

           → 知命と立命新装版



「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

07:46:46 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき1828】〔バランスを取りながら、変化に対応〕 | ホーム | 【気づき1826】〔出来ていそうで、出来ていないこと〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/3561-fcb2f5d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |