【気づき1835】〔気づきを得るため、『自分に返る』〕
2017 / 02 / 24 ( Fri )





◆自分にとって都合のよくないことや予想していなかったことが起こると、


不安になったり、不満に思うことは人の常です。



その不安や不満の気持ちが、


その人の生き方にどのような影響を与えるかを確認しておくことは大切です。



◆肉親との間ではよくあることですが、


相手がどう受け取るか、どう感じるかなどということは気にせずに、


ストレートに言葉を投げ合うことがあります。



その場で感じたままの言葉の応酬というシチュエーションです。



こういう時も、


お互いの関係にどういう影響が出るのかを考慮することは本来は必要です。



◆起こったことに対して、


「それはなぜか」「どういう意味があるのか」


をひとつひとつ検証をするということは、


ふだんの生活のなかではあまりありません。



自分に投げかけられた言葉がどういう意味合いのなのか、


また何を表しているのかをじっくりと考えることもありません。



◆しかし、些細なことをきっかけにして、


人生を変えるような非常に大切なことにふと気づくこともあるのです。



だから、「いつものことだから」とすべてを流してしまってはいけないのです。



気づかないまま何年も過ごしてしまい、


結局望んでいなかったあり方を続けてしまっていたと、


後になってわかることもあるのです。



◆折に触れ、自分に返る機会をもつことが肝要です。



日記を書く、読書をするという習慣を生活に根付かせることが、


人生を大きく変えることにつながります。



       安岡 正篤 著

           → 知命と立命新装版



「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

08:49:46 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき1836】〔人間らしく生きるための条件〕 | ホーム | 【気づき1834】〔『自分はまとも』と思っている人に必要なこと〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/3569-e76a25fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |