【気づき1837】〔上司が部下の仕事に手出しをするのはご法度か〕
2017 / 02 / 26 ( Sun )





◆お茶くみやコピーとりのために女子社員を雇うという会社が、


高度成長期には多くあったと聞きます。



これは特定の会社の話だということだけではなく、


時代の流れ自体がそうであったということです。



言うなれば、これは男性社会の象徴的な事例であり、


現在でもその潮流は温存されていることが指摘されています。



◆しかし、当時、そのような時代であったからといって、


全ての男性がそう思い、しかもそのように対応した人ばかりではないのです。



どこまでを仕事として指示してよいのかを考え、


判断していた人がいるのも事実なのです。



◆会社のなかでの役職は、


その組織のなかでの役割を表したものです。



組織のなかの使命を全うするためのものですから、


自分がやるべきでないことを人に任せるのは当然のこととなります。



◆しかし、上司と言えども自らやったほうがよいことも少しはあります。



ここで考えるべきことは、


何を部下にまかせ、何を自分でやるかということです。



上司が手本を示そうとしても、


「上司がやってくれるのなら、お願いしましょう」と部下に思われたら、


その時点で目論見は失敗です。



しかし、状況によれば、


業務上の上司の判断として手助けをすることが必要な時もあるのです。



◆求められる役割を担うためには、


常に適切な状況判断ができるための緊張感が必要ということではないでしょうか。



       安岡 正篤 著

           → 知命と立命新装版



「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

06:58:41 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき1838】〔『三省』の意味を知っていますか。〕 | ホーム | 【気づき1836】〔人間らしく生きるための条件〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/3571-7c3f36bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |