【気づき1846】〔心がすっきりしない理由〕
2017 / 03 / 07 ( Tue )





◆なんとなく心がすっきりしないことがあります。



体調のせいなのか、天候のせいなのか、


理由がわからないでそういう状態になることが人間だれしもあります。



そのようなときは何をするのもおっくうで、


一言でいえば楽しくない心持ちです。



◆そのような状態に陥る理由に心当たりがある場合もあります。



それは、すんだ事をいつまでも思い続けていたり、


また、先のことを考えて取り越し苦労をして意味がない時間を過ごしていることもあるでしょう。



できるなら、もやもやした気分にならずに、


目の前のこと、今やっていることに集中したいものです。



◆人間、余計なことをついつい考えてしまうものです。



それをやめるには訓練が必要です。



しかし、何をどのように訓練したらよいか?



そういうときこそ、坐禅がお勧めです。



坐禅は修業ではありますが、


僧でなくてもその手法を取り入れて心を整えることができます。



◆坐禅中は、息を数えることだけに集中します。



すると、余計な考えは自然と消えていきます。



そうして今のことだけに集中する時間をもてば、


自ずとさっぱりとした心境になるのです。



自然と本来の心がはっきりしてくるのです。



仏教では、本来の心は清浄であり、明るく爽やかなものであるといいます。



◆迷いとは、心の中にゴミが一杯詰まっている状態であり、


ゴミが片付いてきれいになった状態が悟りということができるようです。



自分でも気づかない心のゴミを、


毎日少しずつでも捨てていけたら心が楽になるのではないでしょうか。



        横田 南嶺 著 

            →  禅の名僧に学ぶ生き方の知恵



「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

06:21:11 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき1847】〔恩を受け恩を受け継ぐ、それは幸せの循環〕 | ホーム | 【気づき1845】〔自らつくる、好循環〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/3580-1891abf5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |