【気づき1852】〔幸せに近づく、人づきあいの条件〕
2017 / 03 / 13 ( Mon )





◆人と人がつながるためには、


当然ながらまず知り合わなければなりません。



「知るためのきっかけ」

「知るための場」

「知り合う人がどんな状況の人かを知る手立て」

も必要かもしれません。



そしてようやく、出会った人たちとの関係性が形づくられることになります。



その関係性がより濃くなるためには、


一緒にいるという物理的な時間も必要になります。



◆お互いにどんな人間かを知り合うために、


これだけのプロセスが必要となるのですが、


そんな場はどこにあるでしょうか。



自分にとって「こんな条件がそろったところはどこか」を確認してみると、


実際そんなに多くは存在しないことに気づきます。



◆最近は、婚活という動き方が一般的になってきました。



この言葉が広まったことにより、


このような動き方がさらに取りやすくなったとも言えます。



この動き方は、結婚という共通の課題がありそこに向けての活動です。



先ほど挙げた人と人がつながる条件が集約されている、


効率的のいい目標達成の場ということができます。



◆結婚を目標としないまでも、性別や年齢に関係なく、


相手のことを知っているし自分のことも知ってもらっているという関係はなかなかつくれません。



しかし、この関係は人が立っているためには非常に大きな力になると思います。



◆事実、どんな人が長生きをするかという75年にわたる研究結果がアメリカにあるようです。



長生きするかどうかは、自分の周りに気の許せる人がどれだけいるかにかかわるということです。



長生きを目標にしていないとしても、


長生きできるような心持ちで暮らせることがやはり幸せにつながることは間違いありません。



◆心が安定するあり方ができるような人とのつながりは、


探してでもするようにした方が豊かで楽しい人生につながります。



だからこそ、この条件を満たすところはどこかを知り、


そのような場には進んで参加したほうがいいと思うのです。



        横田 南嶺 著 

            →  禅の名僧に学ぶ生き方の知恵



「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

06:34:13 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき1853】〔人のつらい気持ちを理解することはできるか〕 | ホーム | 【気づき1851】〔プライドを越えて、成長するあり方〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/3587-08667556
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |