【気づき1857】〔嫌がらせに負けない方法〕
2017 / 03 / 18 ( Sat )





◆大人になっても、人のことをいじめることが好きな人がいます。



不必要な圧力をかけ、相手に不快な思いをさせるのです。



していることが幼稚なので、


常識的な判断ができる人からの評価は下がるあり方をしています。



◆当人には何らかの特別な意図があるのでしょうが、


巻き込まれる側にとっては迷惑極まりないことです。



たまたまそういう人が近くにいるだけで、


途轍もない量のエネルギーを吸い取られます。



◆この形勢を変えていくためには対策が必要です。



気持ちが萎えているだけではますます相手のペースに引き込まれるので、


具体策を上げて、状況に沿ってそれを実行するしかありません。



◆一番してはいけないのは、相手のことを心の中で罵倒し続けることです。



そうなると心は常に乱れた状態となり、本来やるべきことに集中できなくなります。



ここで必要なのは、


心を無にして目の前のことに集中できるようにすることです。



◆可能であるならば、気持ちを切り替えるために物理的に距離を置くこと、


つまり自分が移動して居場所をかえることも必要です。



それが選択できない多くの時間は、無になるしかありません。



少し深く呼吸をすることによって、


頭の中が無になる状況を意図的に増やし、


そのタイミングで目の前のことに意識を向けることを繰り返すことが大切です。



◆こういうあり方を繰り返すということは、


結局雑念を取る訓練をしていることになります。



このスタンスを他の場でも実行して効率が上がることが体験できたら、


「ひとつ成長した」「今までとは違う自分になった」と捉えていいのではないでしょうか。



        横田 南嶺 著 

            →  禅の名僧に学ぶ生き方の知恵



「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

09:44:13 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき1858】〔やってみないとわからないこと〕 | ホーム | 【気づき1856】〔自分にとって仕事とは何か〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/3592-5e15bdb3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |