【気づき1861】〔『これは無理でしょう』と思う時、それは飛躍できるチャンス〕
2017 / 03 / 22 ( Wed )





◆弱点を克服することは、たとえばアスリートの場合、


競技者がその競技で生き残れるかどうかを左右する、


いわば運命の分かれ目ともいうべき大きな課題です。



それだけに、真剣に考え、訓練もすることになります。



その結果、弱点が逆に強みになり、


競技の記録を出すに至ることが運動競技のなかではけっこうあるようです。



◆生活をしていくという意味ではアスリートほど深刻ではありませんが、


サラリーマンも同じように克服すべき課題が具体化することがあります。



しかし、サラリーマンは個人ではなく組織として対応する立場ではあるので、


真剣にならないですんでしまうような甘い考えでやり過ごせてしまうところもあります。



◆背水の陣という言葉ありますが、


人は追い込まれたら実力以上の力を発揮することができるものです。



そうでないと生き残れないという切迫感が人をそうさせるのかもしれません。



◆「課題を克服できなかったら、明日からの生活はどうなるかわからない」



たとえ組織に所属していようとも、


個人として受け止める覚悟がこれからの時代には必要です。



「そんなことまでしなくても生きていける」


と高を括っていると辛い目に合うということを肝に銘じなければなりません。



◆いくら今がうまくいっていても、短期間で情勢が大きく変わる時代です。



うかうかしていると組織にとって役に立たない人間は速やかに排除される、


シビアな時代を迎えています。



適度の緊張感を維持し、


コンスタントに努力をし続けられる人が生き残る時代が来たように感じられます。



        横田 南嶺 著 

            →  禅の名僧に学ぶ生き方の知恵



「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

06:28:32 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき1862】〔ITを人間がようやく使いこなせる時代が来たか〕 | ホーム | 【気づき1860】〔じっくり考える、とことん考える〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/3596-d9f3a897
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |