【気づき1866】〔日本人として幸福を感じる生き方〕
2017 / 03 / 27 ( Mon )





◆思い違い、記憶違い、伝え忘れなどにより、


話しがうまくまとまらないことがあります。



私事であろうと仕事であろうと、


どこがうまくいっていないかを確認し、


そこをクリアすれば、その用件は片付くわけです。



◆しかし、


何が起こっているのか、何がうまくいかない原因なのかを確認する際に、


関与している人たちが感情を差し挟むとスムーズには行きません。



関わる人の一人ひとりが感情を交えて行動すると、


収拾がつかなくなり、まとまる物もまとまらなくなります。



必要なのは、己を持すことです。



それができたら、


不用意な言動を避けることができ、


物事の整理がつきやすくなります。



そうなるように、日々努力をしていかなければならないと感じます。



◆明治の話しですが、


伝統的な道徳観を天皇の言葉としてまとめたという教育勅語が発布されました。



教育勅語=軍国主義という捉え方をする立場もあるようですが、


勅語という言葉の意味にとらわれないで読んでみると、


なかなかすてきな考えが表明されていると思います。



◆その中に「恭儉己レヲ持シ」という言葉があります。



恭儉(きょうけん)」は、


「人に対してはうやうやしく、自分自身は慎み深く振る舞うこと」だそうです。



自分を抑制して他人には礼を尽くすという意味ですが、


これを基本姿勢として身につけることが出来たら人としてすばらしいのではないでしょうか。



◆学問をし、仕事に集中し、


しかも己を空しくして身を捧げるという気持ちが幸福を招くという思想が


この国にはあります。



日本人の根源ともいえるこの考え方を大切にしていきたいと思います。



        横田 南嶺 著 

            →  禅の名僧に学ぶ生き方の知恵



「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

06:32:53 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき1867】〔読書が人に及ぼす効果〕 | ホーム | 【気づき1865】〔楽しくなるには、努力は必要〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/3601-d845fda8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |