【気づき1868】〔『幸せになりたい』だけでは足りない〕
2017 / 03 / 29 ( Wed )





◆「がんばります」「精進します」



これらの言葉から、「やろう」としている気持ちは感じられます。



しかし、この言葉だけでは、


いざ行動しようと思ったときに具体的に何をしたらいいのかが実際わかりません。



◆「がんばる」は、「やる」と決めた決意の現われであるはずです。



毎日、その日のうちにすることをし終わってから床に就くという、


具体的な積み重ねが必要です。



それがないと、ただ日にちだけが過ぎていくということになりかねません。



◆「幸せになりたい」ということは、皆が願うことです。



しかし、実際に毎日心のなかで唱える、


あるいは言葉にする人がどれほどいるでしょうか。



真に願うのならば、


まずは「なりたい自分」がどういうものかを定めることが第一歩です。



そしてさらに、


自分が幸せになるために毎日何をするのかを定める過程が必要になります。



◆目標を達成するには、積み重ねていく課題があり、


それをくり返すという受け取り方は自然にできます。



ここで、


「幸せ」を目標という枠組みのなかに入れて考えることも


ひとつの発想の転換になるのです。



◆「具体的に思い浮かべる」「具体的な行動を積み重ねる」



それが人生の充実度にも大きく関わるのは間違いのないことなのです。



        横田 南嶺 著 

            →  禅の名僧に学ぶ生き方の知恵



「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

05:24:40 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき1869】〔「自分はどれくらい幸せか」を知っていますか〕 | ホーム | 【気づき1867】〔読書が人に及ぼす効果〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/3603-b46d4771
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |