【気づき1883】〔年をとる前にすべきこと〕
2017 / 04 / 13 ( Thu )





◆年を重ねてはじめて気づくことがあります。



そのひとつが、


ある年齢になると人との付き合い方が自然と変わってくるということです。



◆たとえば、定年がくると会社から離れることとなります。



したがって、仕事の上だけのお付き合いであった人は、


自分のふだんのお付き合いのネットワークから外れていくということになります。



結果的に、プライベートの関係が中心になってくることになります。



◆そこで、年を取った折には、


それまでに自分がプライベートの交友関係をどのように、


またどの程度結んでおいたかが、


生活の中でかなり色濃く出てくることになるのです。



それをどう受け取るかということとは別に、


現実としてそういうことが起こります。



◆実際、想像するだけではわかりきれないことが多くあります。



経験してみないとわからないことがあるのです。



ただ見聞きしていたことを実際に自分が体験してみると、


考えがまったく根本からかわるということもあります。



年をとることもそのひとつなのです。



◆めがねを頭の上にのせて字を読む年配者を見かけます。



そんなことしないで字を読むという目的を達成できる人にとっては


必要のないことですし、


その意味も分かりません。



しかし、40歳、50歳になるとそうしないと字が読めないという現実に遭遇します。



そうなって初めて、


「あの人たちはこういう理由でやってたんだ」と、


肌でわかるのです。



◆時間がたってからやり直すことができないことは、


前もって意識をもってやっておかなければ手遅れになります。



だからこそ、経験していない段階で先を読むためには、


人の話を直接聴いたり、メディアを通して聴いたり、本を読んだりして、


人生の先輩の知恵を参考にすることが必要になってきます。



◆どう生きるかを若い頃から考えるようにし、


それにそって年を重ねていくことが


後悔しないですむひとつのあり方だと思います。



        横田 南嶺 著 

            →  禅の名僧に学ぶ生き方の知恵



「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

08:09:16 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき1884】〔どうあるのか、どうなりたいのか〕 | ホーム | 【気づき1882】〔自分の立ち位置を、自分で決める〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/3618-9f60e5f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |