【気づき1884】〔どうあるのか、どうなりたいのか〕
2017 / 04 / 14 ( Fri )





◆夜間に仕事をしている人が大勢います。



生き物のもともとの生活リズムと違う時間の過ごし方なので、


体にも心にも相当な負担がかかります。



そういう人たちがいてくれるおかげで、


私たちの生活は成り立っています。



国を守る防衛や気象関係、警察、消防、病院や福祉施設、


24時間営業(飲食店、ガソリンスタンドなど)、工場、施工、清掃、


タクシードライバー、工事関係、警備、SE、ヘルプデスクなど、


挙げたらきりがありません。



◆先日、勤め先の高齢者施設に夜中に救急隊に来ていただきました。



夜遅い時ですし、人命にかかわる事態です。



その際の救急隊員の方たちの立ち居振る舞い、言葉づかいを見ていると、


安心もし、感謝もし、尊敬の念をいだきます。



◆そういう経験を機に、いろんなことを考えることができます。



「自分はどういうスタンスで仕事をしているか」


「適当にやるか、それとも多少負担がかかっても生真面目に生きるか」


「いい加減にやることで周りに不満の種をまき散らして生きるか、

それとも真面目に生きて人から好意を抱いてもらうか」


「どのあり方が自分にとって良いか、世の中にとっていいか」



◆自分の立ち位置をどうするかをあらためて考えることにより、


自分が生きている間に向かう方向を自分で決めることが始まります。



自分はどこに立っていて、どこに向かおうとしているのかを知ることになります。



◆ときどき立ち止まって考えるべき、放っておけない大事な課題です。



        横田 南嶺 著 

            →  禅の名僧に学ぶ生き方の知恵



「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

06:35:25 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき1885】〔気心の知れた友人を得る方法〕 | ホーム | 【気づき1883】〔年をとる前にすべきこと〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/3619-e17f3251
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |