【気づき1890】〔自分のなかにもある、大きな可能性〕
2017 / 04 / 20 ( Thu )





◆子どもというものは純粋です。



春先に、道路に落ちた桜の花びらが風に煽られて転がる様をみて、


「あっ、花びらが鬼ごっこしる」と叫びながら、


とっさに花びらと同じ方向に走り出すのです。



純真な、素直な心の現れです。



実に、心も体も軽いのです。



◆それにひきかえ、大人は生活の中にそういう躍動感がありません。



「大人になるとそういうものだ」


「そういう変化こそ、大人になった証拠」


などともっともらしいことを言って


自分のことを弁護,正当化しているのです。



結局は、常識とか体裁とか、


自分の思いとは違う心の具合の中で生きることに甘んじているのです。



そういう決着の仕方をすることで、


全ての可能性を閉ざすことになることに気づかなければなりません。



◆社会人になりたての頃、純粋な気持ちで


「自分は何をやりたいか」「何をすべきか」


を自問自答し、苦しんでいたと思います。



そうして悩んだ末に行きついた仕事に就いたはずなのに、


結局きついことがあったら気が滅入り、不平不満を言うことになります。



そういうときこそ、あらためてなぜ自分がその仕事をしているのかに返るべきです。



思いを確認すべきです。



◆そして、あらためて気づくことがあります。



「心のエネルギーは、自分が燃やし続けていさえすれば、耐えることはない」



そのような心持ちを継続していくことは並大抵のことではありません。



しかし、それをなし得たとしたら、


原点に返るたびにいつでも上昇に転じることができるのです。



◆そんなきっかけが、心の持ち方によっては自分の心の内にあるのです。



場合により、自分では思いもしない、


それまでとは全く違ったあり方が自分の中にある可能性があるのです。



それを信じて、自分の心の中を探る時間を持ってみる価値は大いにあります。



自分でも気づかない宝物がきっとあるはずです。



        横田 南嶺 著 

            →  禅の名僧に学ぶ生き方の知恵



「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

05:24:13 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき1891】〔ネットで操作されない、自分をつくる〕 | ホーム | 【気づき1889】〔あなたは、『悔いのない毎日』を送っていますか〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/3625-1ca64ba4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |