【気づき1926】〔きつい時に、自分の後ろ盾になるもの〕
2017 / 05 / 26 ( Fri )





◆気持ちが低調な時は、何をするのも嫌で億劫なものです。



とくに、朝起きたときにそういう状態であると最悪です。



そんなときが社会人になっても起こるのですからつらいものです。



◆その原因が、


生活のリズムの乱れによるいわゆる体調不良であるとしたら、


早寝早起きなどの節制をすることでその頻度を押さえることができます。



しかし、それが気持ちの上でのことであるとすると、


ちょっと考えなければなりません。



対応策をきちんと取らなければなりません。



◆気持ちの上で重荷になることがあるとしたら、


「それは何なのか」を自分で特定できるでしょうか。



重荷に感じるのが、


特定の個人なのか組織という顔の見えないものなのか、


個人にせよ組織にせよ、そのどういうところを負担と思うのか。



そんなことに向き合うなどということは、


人から言われないと気づかないかもしれません。



また、自分で気づいてもやりたくないかもしれません。



◆しかし、原因がわからないで重荷を背負い続けることは非常に苦しくつらいことです。



楽しい気分になることをそこで大きく邪魔されてしまうのです。



確かに、楽しくない課題に向き合うには大きなエネルギーが必要になりますが、


そういうあり方に慣れて「いつもやっていること」と思えるようになると、


大したことではなくなります。



◆また、そういうきついときに、


「なぜ、生きる」「なぜ、働く」などという難しい課題に、


自分なりの答えを持ち合わせているとしたら、


それは大いに助けになることは間違いないことです。



        奥村 歩 著 

            →  脳の老化を99%遅らせる方法 疲れを脳にため込まない37の新習慣



「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

06:25:12 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき1927】〔感謝する気持ち、持っていますか〕 | ホーム | 【気づき1925】〔毎日、『余裕』がありますか〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/3661-63cb4465
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |