【気づき1928】〔『自分は幸せか』と自問することが、幸せへの第一歩〕
2017 / 05 / 28 ( Sun )





◆「いま、幸せですか」と聞かれたとき、あなたはどう答えるでしょうか。



そのことについて考えたことがある人はすぐに答えることができるでしょう。



しかし、そんなことを頭に浮かべたことがない人は答えに困ってしまうと思います。



◆人というものは、一般的に、


うまくいっていることよりもそうでないことの方に意識がいきやすいものです。



そういう意味では、


幸せであるということより「もう少しこうなってほしい」ということに気が向くことが自然です。



その結果、恵まれていることについては意識されにくいのかもしれません。



◆「幸せをかみしめる」という表現があります。



これは、普段幸せであることに気づかなかったけれども、


あることをきっかけにそれに気づくときに使うというニュアンスを感じます。



しかも、かみしめるからこそそのありがたさが心に広がっていくように感じます。



そのようなプロセスで感謝の念とも結びつき、


心の平穏を迎える要素が重なっていくように思います。



◆もし、幸せかどうかを考えたことがなかったら、


じっくり考えることで実は恵まれていることに気付くかもしれません。



それをきっかけに心がすこしは豊かになるかもしれません。



もしそうであったら、


本来あるものに気づくことだけで心が満たされるということになります。



◆わたしたちの生きていくうえでの充実感は、


実際以下のレベルにとどまっているのではないでしょうか。



自分は幸せかと質問してみることが、幸せへの第一歩ではないかと思います。



        奥村 歩 著 

            →  脳の老化を99%遅らせる方法 疲れを脳にため込まない37の新習慣



「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

09:29:33 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき1929】〔人とのつながりは、人生に影響を及ぼす〕 | ホーム | 【気づき1927】〔感謝する気持ち、持っていますか〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/3663-e4b5b6d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |