【気づき1932】〔へこたれない自分になるには〕
2017 / 06 / 01 ( Thu )





◆年齢に関係なく、


生きているうちにはいろいろと気持ちが滅入るようなことが起こってくるものです。



考えてみれば、小学校低学年のときでさえ、


宿題の量がいつもより多くなることだけで気持ちの負担になり、


切ない思いをしたものです。



◆大人になればなるほど、そのような機会は増えてくるものでしょう。



仕事、お金、恋愛など関わってくる範囲も広がり、


その深刻度は子どもの頃とは比べ物になりません。



切ないどころでは済まない事態を迎えるようなことも起こり得ます。



◆こんな課題を背負った場合、いろんな力が求められるでしょうが、


受け止める力がかなり重要になってくると思います。



その能力を人間は祖先から受け継いでいるというのです。



◆人類の祖先は、


アフリカから派生し各地に移動していったという説が現在のところ有力です。



アフリカから世界各地に渡っていくには


当然生き死にに関わる毎日を過ごしたと思われます。



それを生き抜くために脳が備えた機能が、


デフォルトモード・ネットワークというものだといいます。



◆その機能とは、


「目先のことと先々の大きな展望を考えるという2つのことをしっかりこなすために発達した」


機能と考えられています。



言い換えると、


厳しい困難にへこたれることなく、


人生をよりよい方向にシフトしくためのシステムなのです。



◆遠い祖先が命を懸けた苦労により獲得してくれた


この機能を錆びつかせてしまってはもったいないことです。



この機能をフルに活用し、


自分を見失わないで問題を解決していく力を発揮させない手はありません。



        奥村 歩 著 

            →  脳の老化を99%遅らせる方法 疲れを脳にため込まない37の新習慣



「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

06:27:58 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき1933】【最後に笑う人生のほうがいい】 | ホーム | 【気づき1931】〔家族を持つにも計画が必要〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/3667-7deef6b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |