【気づき1936】〔自分を苦しめない、人との付き合い方〕
2017 / 06 / 05 ( Mon )





◆周りの人のことを非難したり、


不平不満を言う頻度が多い人を見かけます。



小言を口にするだけでは、非難されている相手だけでなく、


小言を聞かせられている人もいい気がしないものです。



場合により、人間関係に悪い影響が出ます。



◆しかし、現実にそんなことを繰り返して、


人間関係の幅に影響が出ている人がいます。



当人は気づいているのか、


そうなっても構わないと自覚してのことなのかは不明ですが、


実際にそういうあり方をしている人がいるのです。



◆縁とは、異なもの味なものといいます。



これはもともと男女の縁がどこでどう結ばれるかわからないことを表しているのですが、


それ以外の場合でも「うまく言ったものだ」とうなりたくなることがあります。



◆「何年もたっているのに、なぜここで、この人と出会うのか」


という経験をしたことはないでしょうか。



単に街のどこかで出会うということもあるでしょうが、


学校や職場で再会するというようなことも起こります。



ドラマのなかでのことだけではないのです。



そんな再会の仕方をした相手とのかつての関係が


非常に印象が悪いものであったら、


どう感じるでしょうか。



◆もしその関係が、心を曇らせたり、


すでにある周りとの関係性に影響がでるようなものであれば


そんなに不幸なことはありません。



そんなことも考えて、自分を律しながら毎日を過ごすことも、


長い目で見て幸せを継続できる有り方の一側面ではないかと感じます。



        奥村 歩 著 

            →  脳の老化を99%遅らせる方法 疲れを脳にため込まない37の新習慣



「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

06:10:55 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき1937】〔日本の若者はなぜ自殺をするのか〕 | ホーム | 【気づき1935】〔休み明けにすっきり出勤できる休息のとり方〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/3671-a74e6348
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |