【気づき1937】〔日本の若者はなぜ自殺をするのか〕
2017 / 06 / 06 ( Tue )





◆日本では、


学生や社会人の若い世代の死因の順位で自殺が1位を占め、


国際的に見ても深刻な状況だということです。(政府:自殺対策白書)



15歳から39歳までの5つの年代区分すべてで


「自殺」が死因の1位を占めているとの報告です。



◆これは先進国においては日本のみの現象であり、


国際的に見てもかなり際立った特徴であり、


深刻な状況であると受け止めるべき事態です。



◆これだけ平和で、物にも恵まれているのに、


なぜ日本の若者は死を選ぶのでしょうか。



その原因をはっきりさせなければ、


希望のない国に成り果ててしまいますし、


国の力も衰えていくしかなくなります。



◆今朝7時半頃、


文化放送ラジオの「The News Masters TOKYO」において、


精神科医の名越康文氏がこの若者の自殺について発言をしていました。



それによりますと、「人を生き生きさせるのは探究心である」ということです。



たとえば、自分の住む町の歴史を探求している人は


80歳代でも20歳代のようにはつらつとしているということが例として挙げられていました。



また、


「大学では、学ぶ喜びを経験せず、


ただ単位を如何に簡単に取得するかが中心になっている」


という発言もありました。



◆自分のことを振り返ってみると、


30年前、確かに安易に単位を取ることを目的とするようなこともしていました。



しかし、その度合いが強くなっていたとしたら、


学ぶ喜びや生きる目的をつかみとる力を身につけることはむずかしいのかもしれません。



◆そこを自分がどのようにクリアしてきたかをたどり、


自分の思いをせめて自分の子どもには伝え、


行きていく目的を一緒に探していこうと思います。



        奥村 歩 著 

            →  脳の老化を99%遅らせる方法 疲れを脳にため込まない37の新習慣



「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

15:57:17 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき1938】〔東京オリンピック後の対策を考える〕 | ホーム | 【気づき1936】〔自分を苦しめない、人との付き合い方〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/3672-b6eabb08
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |